プチプラでも超優秀なスキンケアグッズ

肌に優しいクレンジングランキング|敏感肌向けプチプラ優秀アイテムの選び方

敏感肌クレンジングおすすめ
肌荒れ!毛穴の開きに悩む敏感肌さんに
おすすめのクレンジングを紹介します。
肌に優しく、洗浄力もばっちり!
毛穴ケアもしれくれるおすすめのクレンジングはこちら↓

>>アヤナスクレンジングクリーム

もともと敏感肌の人はもちろん、

季節の変わり目や出産後の体質変化などで
肌荒れに悩む人は多いです。
かくいう私もその一人。

 

クレンジングは大切

 

とは言っても使ってみると

肌がピリピリしたり
ニキビができたり、
毛穴のぶつぶつがひどくなったり
肌荒れに悩む人
と困ることがたくさん。
でも諦めるのはまだ早いです!
良いクレンジングを選ぶと
肌のくすみがとれて
ワントーンあがり、
毛穴の開きや黒ずみも解消
肌のキメも整います!
クレンジングで肌が綺麗に整う
そんな敏感肌さんにおすすめのクレンジングと
選び方を紹介しますね。

敏感肌さん向け肌に優しいクレンジングランキング

肌に優しくてメイクもしっかり落ちる
おすすめのクレンジングを紹介しますね。

1位 アヤナス クレンジングクリーム

ポーラとオルビスが共同開発した

敏感肌専門のディセンシア
クレンジングクリーム

メイクをしっかり落としてくれるのはもちろん、
たるみ毛穴や毛穴の開きもケアしてくれるすぐれもの。

もちろん、

  • 肌に刺激のある成分は不使用
  • 乾燥しがちな敏感肌さんのために保湿成分もたっぷり処方
  • エイジングケアをしてくれて肌にツヤを取り戻してくれる

敏感肌はどこまで美しくなれる!

を叶えてくれるこのシリーズ
SNSでも話題です。

SNSでも話題のディセンシアクレンジングクリーム

 

View this post on Instagram

 

アヤナスクレンジングは好みが分かれそう⁉️ 使った初日、思わずもう一度クレンジングしちゃいました😅 このクレンジング、オイル感がものすごくて水洗いしたあともヌルヌルなんです😓 余分な皮脂を洗い流し過ぎないようにするためということは、重々承知してますが、それでもやっぱりヌルヌル~~😅 メイク落ちてる???と思わず感じてしまうほどのヌルヌル感。 このクレンジングは好みが分かれそう😓 ただ、2回目洗ってもヌルヌル感は変わらなかったので、このヌルヌル感が普通なんですね😦 そう思うと、気にはなりますが3回目のクレンジングは行わず、そのまま洗顔してみました。 クリーミーウォッシュは、私好みでとっても気持ちいい🥰 そして、洗顔後の肌の感触は乾燥することなくしっとりしててなかなかいい感じ😊 クレンジング6個購入は失敗だったかな?とちらっと思いましたが、翌朝そんなことは吹き飛んじゃいました😊 肌がすべすべ~~ そして、敏感肌特有の頬の赤みが薄くなってました😆 しかも、洗顔後のスキンケアの浸透具合が今までと全然違うんです💡 さらに、メイクノリが全然違う‼️ いつもリキッドファンデを使用していますが、スルスル伸びる感じが違うんです😀 やっぱりアナヤス、いいな❤️ 🥰 相乗効果で、かなり肌変わるんじゃないでしょうか😊 #アヤナス #クレンジング #スキンケア #敏感肌 #頬の赤み

さん(@o.sakura.s)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

* * ポーラオルビスグループの敏感肌専門ブランド『DECENCIA』✨ 10日間たっぶり使えるトライアルセットを頂き、試してみました😊 * 単に荒れやすい肌質💦という事だけでなく、疲れやストレスが原因で起こる揺らぎなど、エイジングサインとして表れ、一時的に敏感肌になる事も。 * そんな全ての大人の女性に自信を与えてくれる!というDECENCIAのアヤナスは、使った瞬間からお肌を元気にしてくれるような使い心地☺️✨化粧水はとろみがあって、お肌に密着してくれます👏 * 旅行などにもぴったりな10日間トライアルセット。気になった方はぜひ😊 * * #アヤナス#ディセンシア#エイジングケア#ayanasu#DECENCIA#敏感肌#PR #skincare#beauty#スキンケア#美容#コスメレポ

石黒 美帆 Miho Ishiguroさん(@miho_ishiguro)がシェアした投稿 –

肌に合わなかったときの返品方法

もし、肌に合わなかった場合は、商品到着後30日以内であれば返品可能です。

お客様問い合わせセンターに電話で返品できます。

ディセンシアの肌に優しいクレンジングをチェックする

 

2位 アテニア スキンクリアクレンズオイル

オイルクレンジングは肌に優しくない

というのがよく言われていますが、
アテニアのクレンジングは違います。

オイルなのでメイクの落ちもよく、

W洗顔も不要

美容成分も豊富に入っているので

肌に優しく肌の汚れを落としてくれます

しかも「肌ステイン」を除去してくれるので

肌のくすみを解消してくれてワントーン明るい肌に整えてくれます。

肌色を明るくする 革新的クレンジングオイル

3位 ハレナ ホットクレンジングジェル

日本初の国産オーガニックホットクレンジングジェル。

肌への優しさと洗浄力の両方を兼ね備えているクレンジングです。

洗い終わったあとのもちもち肌を実感できて

うるおいと透明感

を与えてくれます。

クレンジングの際によく起こる肌摩擦を軽減してくれる

なめらかジェル処方

もおすすめポイント。
つい汚れを落としたくてゴシゴシクレンジングをしてしまうという方に特に使ってみてほしいです。

 

View this post on Instagram

 

@halena_official のご紹介♫ ⋆ クレンジングのご質問が多いので🎉 ⋆ いつも、クレンジングは何種類か置いてあります。クリームクレンジング、ジェル、オイル…など。 ⋆ メイクが厚めの日は擦らないようにさらっと落ちるオイルでしたり、乾燥が特に気になったらクリームにしたり。その日の肌レシピだと思ってちょこちょこ変えています✨ ⋆ 普段ベースメイクは下地だけやCCで済ませる事も多いので、肌になるべく負担のかからない、ジェルクレンジングを使います♫ ⋆ 最近デフォルトで使っているのは、この #ハレナ @halena_official さん♡ ⋆ #MAQUIA の口コミランキングでも上位だったし、何より使用感が、良し😍 毛穴を開いて汚れを落としてくれる #ホットクレンジング なのも、ポイント高い。 ⋆ ラベンダーとローズマリーの香りも良いし、美容成分たっぷりで、クレンジングというより美容液でお顔を洗っているみたい。 ⋆ メイクも好きだけれど、基本はスキンケアから。前に家族旅行で韓国へ行った時に、妹とお化粧品見ていたら、韓国のおばちゃんに 『まずは落とすことが大事だろうが!』って言われたことを、今思い出した、そんな夜…笑笑 ⋆ #ハレナ #halena #ハレナホットクレンジングジェル #ハレナ #ハレナホットクレンジングジェル #ホットクレンジング #敏感肌 #オーガニックコスメ

ぇりっこさん(@erikkoii07)がシェアした投稿 –

赤ちゃんにも使える優しさ【ハレナ オーガニックホットクレンジングジェル】

4位 キュレル ジェルメイク落とし
created by Rinker
キュレル
¥715
(2019/10/19 20:52:27時点 Amazon調べ-詳細)

市販で敏感肌向けとなるとおすすめなのが

キュレルのシリーズ。

キュレルはセラミド処方という処方で

肌の保湿ケアを手伝ってくれます。

肌に優しいというクレンジングを比較

アヤナスアテニアハレナ





値段3500円
(スキンケアとセット)
1836円980円(初回のみ)
2回目以降2970円
形状クリームオイルジェル
安全性敏感肌専門ブランドのため
刺激のある成分不使用
アレルギーパッチテスト済
アレルギーテストなどの表記はなし
ファンケルの系列会社のため
肌に優しい無添加処方だと思われる
刺激のある成分無添加
肌摩擦を軽減してくれるうるおいジェル処方
毛穴への効果たるみ毛穴にもおすすめ特に記載はなし毛穴の黒ずみ、開きに

敏感肌におすすめ!ピリピリしないクレンジングの選び方

ピリピリしないクレンジング

刺激に敏感になりやすいとクレンジングで肌荒れしないか心配になりますよね。毎日のメイクには必ずクレンジングがつきものです。

ピリピリと肌を刺激しないクレンジングを選ぶには、何を選んだらいいのでしょうか。

ここでは肌刺激になりにくいクレンジングの選び方を調べてみました。

敏感肌の人も肌荒れが気になる人もぜひ参考にしてみてくださいね。

 

クレンジングは洗浄力・テクチャーによってタイプが分かれています。

今まで使ったことがないというタイプもあるかもしれません。まずはそれぞれの特徴をみてみましょう。

 

  • オイルタイプ・・・洗浄力が非常に高くウォータープルーフ仕様の落ちにくいメイク向き。角栓や角質ケアにも使用されることが多い。

 

  • ジェルタイプ・・・水のようにさっぱりとしたテクチャーが特徴。オイルよりも洗浄力が低いが肌へかかる負担が少ない。

 

  • クリームタイプ・・・保湿力に優れているのでクレンジング後も乾燥しにくい。洗浄力は低めだが洗い上がりも乾燥しにくい。

 

  • ミルクタイプ・・・保湿力があり伸びやすい。ジェルよりも洗浄力は低めで肌にかかる負担が少ない。

 

この他にもバームタイプや、シート状の拭き取りタイプなどもあります。

上記の中で敏感肌の人におすすめなのは、肌にかかる負担が少ない3タイプ。

  • ジェルタイプ・・・水分量が多くさっぱりとしたテクチャー。

 

  • ミルクタイプ・・・伸びが良くクリームよりも肌残りしにくい。

 

  • クリームタイプ・・・濃厚で洗い上がりがつっぱらずしっとりした肌に。

3つの中で洗浄力が一番高いのがジェルタイプ。

次にミルク・クリームタイプと続きます。

メイクの濃さや落ちにくさによってこの3タイプを分けて使うと良いでしょう。

例えばパウダーファンデに、日焼け止め+化粧下地を使っている時はジェルタイプ。

下地+フェイスパウダーや、BBクリームだけなど軽いメイクの時はミルク・クリームタイプ。

メイクを変えるようにクレンジングも合わせると肌負担が軽減されます。

>目的別の選び方は?

目的別クレンジングの選び方

またクレンジングを選ぶ時は、こんな目的別に選んでみるのもおすすめです。

 

保湿・・・美容成分の配合が多いクレンジングがおすすめ

保湿効果で選ぶ時は美容成分が配合されていることが多いクリーム・ミルクタイプのクレンジングがおすすめ。

水分・油分のバランスが絶妙なので肌の潤いを守る保湿効果が高いのが特徴です。

一方で洗浄力はオイルやジェルよりも弱め。

皮脂崩れ防止成分のポリマーや、石油系界面活性剤など成分によって落ちにくいので注意が必要です。

 

美白・・・角質ケアも出来るクレンジングがおすすめ

クレンジングと美白は一見あまり繋がりがないように感じられますよね。

美白といえば化粧水や美容液などのスキンケアが多く聞かれますが、クレンジングでも対策を行うことが出来ます。

 

美白ケアにおすすめなのが、肌のターンオーバーを高める角質ケアも出来るタイプ。

古い角質を剥がれ落ちやすくし、その後に使うスキンケア効果も高めてくれます。

メラニンは角質層に溜まり色素沈着をしてシミ・くすみなどの肌トラブルを招きます。

古い角質を溜めないことで、メラニンが沈着しにくいと明るい肌へと導いてくれるのです。

化粧水や美容液などと合わせて、徹底的に美白ケアを行いたい時にぴったりですね。

 

エイジング・・・肌摩擦が少なく負担を軽減したクレンジングがおすすめ

エイジング対策におすすめなのは肌に負担が少ないクレンジングです。

エイジングケアのポイントは肌本来の皮脂成分をとり過ぎないことにあります。

年を重ねるにつれて、肌の潤いを守る皮脂分泌は減少し乾燥しやすくなっていきます。

クレンジングとメイクを馴染ませると少なからず肌には摩擦が起こり、肌に負担がかかるのです。

エイジングケア対策には、濃厚なテクチャーのクリームタイプのクレンジングがおすすめ。

クレンジング後の肌のツッパリ感を軽減し、肌本来の潤いを守る効果が期待出来ます。

 

市販のプチプラクレンジングは安いけど大丈夫?

市販のクレンジングって良いのかな?

クレンジングを選ぶ時は価格も重要なポイントです。

特にプチプラ価格のクレンジングは、効果や安全性も気になってしまうもの。

スキンケアは毎日使う消耗品でも、値段にこだわって肌荒れしてしまうのは避けたいですよね。

プチプラ価格でも本当に効果があるクレンジングを選ぶポイントを見てみましょう。

 

  • 自分の肌に合ったクレンジングタイプを見極める

「メイクがしっかり落とせればなんでもいい」と洗浄力だけで選んでいませんか?

プチプラクレンジングもオイル・ミルク・シートタイプなど様々な種類があります。

 

一番手軽に落とせるのは洗い流す必要のないシートタイプですが、摩擦がとても大きい。

肌への負担をなるべく少なくしたい敏感肌には、他のタイプがおすすめです。

オイルやジェルタイプは洗浄力が強いので、UVケアをしっかり行った時にも使いやすいですね。

 

  • 配合されている成分をよくチェックする

汗や皮脂で崩れにくいメイクを落とすためには、洗浄力が強い成分が配合されています。

プチプラ価格の洗浄力が強いクレンジングは、配合成分に要注意。

このような添加物が配合されている商品が多くみかけられます。

  • シリコン
  • パラペン
  • 人工着色料
  • 人工香料

品質を安定されるための保存料や、見た目や香りの華やかさを重視した成分は肌が荒れてしまう可能性が高いのです。

特に敏感肌の人は、エタノール(メチルアルコール)に刺激を感じるという人も多いですよね。

原材料の部分に上記のような成分が配合されていないかチェックしてみましょう。

 

  • 保湿・エイジング成分が配合されているものを選ぶ

敏感肌の人は肌のバリア機能が弱く、肌に刺激を感じやすい状態です。

保湿成分や美容成分が配合されていると、肌刺激になりにくいというメリットがあります。

美容成分が摩擦を軽減させてくれるので、洗い上がりもしっとり肌に。

植物由来のオイル成分や、ヒアルロン酸・コラーゲンなどスキンケア成分が配合されているものがおすすめです。

市販でおすすめのプチプラクレンジングはこれ↓

敏感肌向けではノブのブランドもおすすめ


悩み別効果的なメイクの落とし方やり方

クレンジング使い方

メイク落としは適当な手順で行っているという人も多いですよね。

実はクレンジングはただ洗浄力が強ければ、落ちると言うわけでもありません。

肌荒れしないクレンジングには落とし方にもポイントがあるのです。

鼻・あご周りなど凹凸が多い顔はザッと落としただけでは、肌にメイクが残ってしまいます。

 

クレンジングしたはずなのに、肌がくすんでいるように感じたことはありませんか?

ポイントを押さえたクレンジングは肌トラブル防止にも効果的です。

クレンジングでメイク汚れをしっかり落とすと、その後のスキンケアにも差が出てくることも。

今まで行っていた自分のやり方とぜひ比べてみてくださいね。

 

鼻の黒ずみ悩みのクレンジングの方法

小鼻の黒ずみはケアしてもなかなか改善されにくい肌トラブルですよね。

若い頃から困っている人も多いのではないでしょうか。

実はクレンジングをしっかり行うと小鼻の黒ずみも目立ちにくくなるのです。

 

①まずクレンジングの前に蒸しタオルを使って、小鼻の毛穴を開きやすい状態にします。蒸しタオルは濡れたタオルを電子レンジで温めるだけで簡単に出来ますよ。

毛穴を開かせることで、黒ずみの原因になっている毛穴に詰まった汚れを落としやすくします。

②顔全体がポカポカと温まったら、1回分のクレンジングを手に取り顔全体に広げていきます。

おでこ・両頬・鼻・あごと数か所に分けて塗布し、全体に馴染ませていくのがポイント。

小鼻周りは力が入りにくい薬指と中指で、クルクルと細かくマッサージするのがおすすめです。

小鼻から眉間に向かって丁寧に馴染ませましょう。

 

  • 顔全体にクレンジングが馴染んだら、ぬるまお湯で流します。

 

凹凸が多い小鼻はクレンジングが残りやすいので、しつこいくらい濯ぎます。

鼻の黒ずみのクレンジング方法は、毛穴に入り込んだメイク汚れを落とすのがポイント。ゴシゴシ擦るのではなく、毛穴を開いてメイク汚れを優しく落としましょう。

摩擦が大きくなると肌への刺激が大きくなるので、敏感肌の人は要注意です。

 

毛穴汚れを優しく落とすやり方

鼻の黒ずみと同じく、目立ちやすいのが毛穴汚れです。

頬の毛穴やおでこ・あご周りにポツポツした汚れが見えることはありませんか?

毛穴汚れを防ぐためのクレンジング方法を見てみましょう。

 

①鼻の黒ずみの時と同じく、まずは蒸しタオルで顔全体を温めます。

1~2分程顔にタオルを乗せていると毛穴が開くので、温かさを体感しましょう。

②毛穴が開いた状態になったら、クレンジングを顔全体に塗布していきます。

おでこ・両頬・鼻・あごと1回のクレンジングを数か所に分けて塗布します。

シェーディングやハイライトを頻繁に使う人は、おでこや鼻筋のTゾーンにもクレンジングを乗せましょう。

馴染ませる量が少ないと、メイクが浮かずに肌に残ってしまいます。

ラメ入りのパウダーを使った時も同様に、しっかりとクレンジングの量を使うのがおすすめ。

③クレンジングを顔全体に馴染ませます。

ゴシゴシ指で擦るのではなく、クレンジングでメイクを浮かせるようなイメージで。

ほうれい線や眉間は片方の手で軽くシワを伸ばして、反対の指でクルクルとマッサージするとシワ・毛穴に入り込んだファンデまで落とすことが出来ますよ。

  • 顔全体に馴染んだら、ぬるま湯でしつこいぐらいによく濯いで洗い流します。

 

毛穴汚れは毛穴の奥まで詰まっているので、ゴシゴシ擦ってもニュルッと出るものではありません。

毛穴が開いていないと、汚れが残ったままの上に新しい汚れが溜まってしまうことも…。

鼻の黒ずみと同じく、蒸しタオルを使って毛穴を開かせて汚れを落としやすい状態を作りましょう。

顔全体を温めるとそれだけでメイク自体が落ちやすくなりますよ。

落としやすくなったメイクを肌からするっと浮かせるイメージでクレンジングを馴染ませましょう。

 

敏感肌の人は蒸しタオルを使用する際に、刺激を感じるケースもあります。

蒸しタオルはお風呂のような温かさになるまで、少し冷ましてから使うのがベストです。

またタオルの素材が刺激になることもあるので、肌の様子に合わせて使ってみてくださいね。

ガーゼなどの毛羽立ちが少ない素材は、刺激になりにくいので敏感肌にもおすすめです。

 

肌に優しいクレンジングのやり方使い方

クレンジングやり方

これまで鼻の黒ずみ・毛穴汚れとクレンジング方法をご紹介しました。

クレンジングはメイクと馴染ませる必要があるので、どうしても肌に摩擦が起きますよね。

敏感肌の人にとってはこの摩擦が刺激となって肌荒れに繋がってしまいます。

より肌に負担をかけない優しいクレンジングを調べてみました。

W洗顔不要のクレンジングを使う

ダブル洗顔不要

クレンジングと洗顔の2つの工程を済ませられるタイプのメイク落としです。

肌にクレンジング成分が残りにくいので、洗い流した後はそのままスキンケアが出来ます。

肌を擦る回数が減るので、肌にかかる負担が軽減されます。

疲れている時に手早くクレンジングを済ませたい時にもおすすめ。

ポイントメイクは専用のリムーバーがおすすめ

ポイントメイクはどうする?

敏感肌の人は洗浄力の強いクレンジングよりも、負担が少ないメイク落としがおすすめです。

しかしマスカラやアイラインは落ちにくいのが難点ですよね。

ポイントメイクは専用のリムーバーを使い、顔全体のクレンジングの前に事前に拭き取っておきましょう。

軽く濡らしたコットンにたっぷりと含ませて使うと落としやすくなります。

さらに綿棒を使うとまつ毛の根本のマスカラもきれいに落とせますよ。

1度のクレンジングで全部落とすのではなく、ポイントメイク・ベースメイクと分けてクレンジングするのも肌にかかる負担を軽減してくれます。

マツエクのクレンジングはジェルやリキッドで

マツエクOKのクレンジング

アイメイクのクレンジングでマツエクがとれてしまった…そんな経験はありませんか?

接着部分のグル―とクレンジングが合わないと、せっかくのマツエクがとれやすくなってしまうのです。

マツエク部分のクレンジングは、ジェルやリキッドなどがおすすめです。

オイル成分が含まれていないものや、オイルでも「マツエクOK」の表示があるものを選びましょう。

クレンジングの方法はポイントメイク落としと同じようにコットンで行います。

たっぷりとクレンジングを含ませたコットンを上から下へ。

ゴシゴシ擦らずに優しく瞼からまつ毛の先へと滑らせます。

さらに目が細かい柔らかなコットンを選ぶと、負担が少なく落ちやすくなりますよ。

オーガニック処方ってどう?

オーガニッククレンジング

肌に優しいクレンジングと言うと「オーガニック」が浮かぶ人もいるのではないでしょうか。

オーガニック処方=肌に優しい・安全というイメージがありますよね。

敏感肌とオーガニック処方のクレンジングの相性はいいのでしょうか?

オーガニック処方ってそもそもどういうこと?

「オーガニック」という言葉はスキンケアやシャンプーでも見かけますよね。

農薬や化学肥料を使わずに、作られた原料を使用しているものを「オーガニック処方」と呼ばれています。

オーガニック処方のクレンジングは植物由来の成分を中心に配合されているので、刺激が少ないのが特徴です。

敏感肌の人にとっては相性の良いクレンジングと言えそうですね。

 

一方で石油系界面活性剤などが含まれていないため、洗浄力が弱い一面もあります。

ウォータープルーフ使用のファンデや、UV効果が高い日焼け止めは落ちにくいというデメリットもチェックしておくと良いでしょう。

赤いぶつぶつ撲滅!成分は低刺激処方を選びましょう

赤いぶつぶつ撃退

肌に合わないコスメは肌荒れが気になりますよね。

特に敏感肌の人は、赤いぶつぶつした肌の状態に悩んでしまう人も多いのでは。

赤いブツブツは刺激で肌が荒れている状態なので、同じクレンジング剤は避けるのがベター。

洗浄力の強いクレンジング程、添加物や化学成分が配合されている可能性があります。

そんな時は低刺激性のミルク・クリームタイプのクレンジングを選びましょう。

先ほどご紹介したオーガニック処方のクレンジングもおすすめです。

 

  • 赤いボツボツがある時はメイクしない方が良い?
メイクはしないほうが良い?

肌荒れが気になる時はメイクで隠したくなりますよね。

肌に刺激を与えたくないけどメイクをしたい…と悩んでしまうことも。

そんな時は低刺激のクレンジングでもきれいに落ちやすいファンデを選ぶことも大切です。

 

もうクレンジングで肌荒れしたくない人に!まとめ

肌に優しいクレンジングまとめ

敏感肌の人はちょっとした刺激でも肌荒れに悩んでしまう…という人も多いですよね。

クレンジングは刺激になりやすい上、毎日欠かせないスキンケアの1つ。

肌荒れに悩んだ時はクレンジングを見直してみるのもおすすめです。

 

今までなんとなく使用していたクレンジングも、タイプ別に選んでみてはいかがでしょうか。

  • ジェル・オイルタイプはしっかりメイクの時のみ
  • 保湿力に優れたミルク・クリームタイプを普段使いに
  • ポイントメイクはコットンと専用のリムーバーで拭き取る

 

上記のポイントに気をつけるだけで、肌にかかる負担が格段に軽減されますよ。

 

クレンジングは洗浄力にこだわりがちですが、成分によっても肌に負担が大きくなります。

特にパラペン・エタノールなど添加物は刺激が強く、使う度に肌が荒れてしまうことも。

敏感肌の人は添加物の含まれていない、オーガニック処方の肌に優しいものがおすすめです。

原料からにこだわったクレンジングは、肌トラブルが起きた肌でも安心して使えますよね。

 

また肌トラブルに合わせて正しいクレンジング方法を身に付けることも大切です。

ゴシゴシ洗いは肌荒れの原因になるばかりか、黒ずみを招く可能性も…。

毎日行うクレンジングだからこそ肌に負担をかけない使い方で肌を守りながら洗い上げたいですね。

敏感肌や肌荒れ時のクレンジング選びはなかなか難しいものです。

そんな時は今回サイトでご紹介した、クレンジングの選び方などをぜひ参考にしてみてくださいね。

>>敏感肌さんにおすすめ!肌に優しいクレンジングランキング